matik weblog

自転車ロードレース専用OTT、GCNレースパスに加入してみる。

GCN Race Pass

8月に入ってUCIロードレースが再開。ストラーデ・ビアンケでロードレースが5ヶ月ぶりに戻ってきます。また、このタイミングで、新しいロードレース専用のOTTが誕生しました。

昨年をもってDAZNがロードレースから撤退して、日本国内では宙に浮きそうなレースが多数出てくる可能性もありましたが、ユーロスポーツに近いGCNの日本向けのローチンで大規模な放映難民からは回避される模様。よかった、よかったという話です。

公式サイトの情報量が少なくて、日本語コメンタリーの有無もよく分からず前日まで加入に躊躇していましたが、Twitterで女子レースを小俣雄さん、男子レースを土井さん&木下さんでコメンタリーが入るとツイートがあったので、GCNレースパスに加入してみました。このタイミングでローチンされるのは、あくまで日本向けなのか、Google Playストアのダウンロード数を見ると、そこそこの数ダウンロードされています。

現状はiOS/Androidアプリのみの視聴で、PCでの視聴ができません。FireTV Stickなどのセットトップボックス、各スマートテレビにも未対応。ハード面はかなり厳しい状態です。
PC上でAndroidアプリを動かす環境は今Ubuntuに入っていないので、とりあえずはタブレットで見ることにします。課金は、カードではなくてアプリ内課金です。

(追記:8/18よりPCのブラウザでも見れるようになりました。)

GCN JAPANの最初レースであるストラーデ・ビアンケの女子レースが始まりますが、そもそも何時から始まるか記載はなく、ツイートを見ないと分からないです。アプリの開催予定レースには、ツール・ド・フランスなどのGCN JAPANでは放映されないレースも入っているので、公式サイトのスケジュールをきちんと確認する必要があります。

課金したものの、はたして映像はきちんと映るのかと心配していましたが、ストラーデ・ビアンケ女子の中継が始まりました。クルクルもなく画質もいいです。国内で女子のUCIロードレースをコメンタリー付きで中継されるのは今回が初めてのはずです。小俣雄さんの実況が有り難いです。ファンフロイテンは圧巻の強さです。
男子のレースは、日本語コメンタリーが数十分入らないというトラブルもありましたが、初めてなのでトラブルは仕方ないでしょうか。音声切り替えが出来るので、英語か、何言っているか分かりませんが現地の雰囲気感を感じるイタリア語か、コメンタリーなしで再開まで待っていました。音声を変えれるのはありがたい機能です。
ただ、音声はリモートでやっているのか、土井さんの声は聞きやすいのですが、小俣雄さんと木下さんの声は少し聞こえずらなかったので、そこは今後改善してほしいポイントです。
(追記:次のミラノ〜トリノでは、木下さんの声は通常のスタジオの質になっています。ただ、今度は土井さんの音声が入らなかったり、同時間のポローニャのレースの声が入ったり、BGMと実況の声が被って木下さんの声が聞こえないとかいろいろあります。)
(追記:その後のレースでは快適な環境が続いています。前の某OTTよりはいい環境です。)

年間契約のほうがかなり安いですが、こうゆうご時世で先は不透明なので月額で入っています。月額契約でも月に900円。JsportsやDAZNに比べて半額かそれ以下なので安いです。
今年に関しては、レースが行われるのが前提ですが、日本語コメンタリーがどれくらい入るかがポイントです。今は、PCで見れないのは難点ですが、タブレットでは見れるので気長に各デバイスへの対応を待ちたいと思います。まだ2レースですが、今のところは期待できそうなサービスです。日本のロードレースファン人口を考えると、中継があるだけで有り難いです。

男子のストラーデ・ビアンケは、途中で眠くなったので途中まで見てお休み。朝起きて続きを視聴しました。いつまで見れるか知りませんが、見逃しでも見れます。どこまで見たか記録する機能はついていないので、アプリを閉じる際は、残り距離なり現在の視聴時間などをメモしておかないと、見たところまで戻るのが大変です。

スポンサードリンク

----- share -----