生駒山系 (枚岡駅−神津嶽C−縦走路−辻子谷C−石切駅)

スタートは枚岡神社。本殿に参拝して、右側を登って行く。手前に案内があった記憶はないが、こちらの道での下山は禁止のようだ。特に気になるポイントは無かったので、撤収忘れだろうか。

枚岡展望台からの眺め。ラグビー好きとしては、当然ながら花園ラグビー場が目につく。年末の高校ラグビーの時にはなかった北側の座席が、山から見ると出来ている。打ちっぱなし跡が見慣れすぎて、今は違和感を感じる。とりあえずは、年内の大一番(大阪府決勝)が待ちきれない。

神津嶽コースは数日前に通行再開しただけあって、木が倒れているところもある。この辺りは登山者が多い。

生駒縦走路を北上していく。今日に限ったことではないが、ぬかた園地の方が人が少ない。あまりにも人と会わないとこの先通行止め?と思ってしまうので、新しい分岐の先に登山者とすれ違うとほっとする。

辻子谷コースは、縦走路から降りる所で木が倒れているだけで(普通にくぐれる)、それ以外は普通である。

SNSで生駒山系の登山道を調べていたら、石切ラリーというスタンプラリーを見つけたので、石切駅近くのホテルセイリュウでラリーシートを貰って始めた。スタンプとキーワードの多くは商店街のお店の中にあるので、これは30箇所回るのが大変だと思い途中で断念。結局、殆どの店で買い物しないわけなので、非常に入りづらい。カオスな参拝道を歩いて、石切神社でお参りして新石切駅から帰宅した。

スポンサードリンク

スポンサードリンク