ATPチャレンジャー京都(島津全日本室内)準々決勝

ATPチャレンジャー京都を見に、今年も島津アリーナへと行ってきました。先週、スタジアムで寒い思いをしたのでインドア観戦は快適です。
今年は金曜日、本戦6日目に見に来ました。シングルスは準々決勝、ダブルスは準決勝、試合数はずいぶん少なくなってきましたので、10時開始です。

女子QF:加治遥(島津製作所)ー荒川晴菜(フリー)

加治遥[1] 6-3 6-1 荒川晴菜[5]

1S 1 2 3 4 5 6 7 8 9
加治遥 B K B B B K
荒川晴菜 B B B
2S 1 2 3 4 5 6 7
加治遥 B K K B K B
荒川晴菜 K

1試合目は三面とも女子の試合。その中から、加治と荒川の試合を見ることにした。3試合の中で一番接戦かなと思ったが、結果的には3試合ともそう変らなかった。

最初のサーブゲームは互いにブレイクでスタート。荒川のショット次第というのが最初の2ゲームだったが、徐々に主導権は第1シードである加治へと移っていく。ただ、互いにサーブでのポイント確保に苦しむ展開。セカンドを叩かれてリターンエースやリターンが主導権を得るパターンは、第1セットの終わりから第2セットの最初ぐらいで、後はラリーが続く展開。加治はもう少し簡単にサーブでポイントが取れてもいいように思えたが、相手に引きづられる形でサーブキープに手こずった。
第2セットは加治が圧倒。結局、荒川は1ゲームしかサーブをキープできない厳しい内容となってしまった。

男子QF:トンプソンー内田海智

トンプソン[2] 7-6 6-0 内田海智

1S 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
トンプソン K K K K B K T
内田 K K B K K K
2S 1 2 3 4 5 6
トンプソン B K B K B K
内田 (M)

面白い一戦でした。

内田の最初のサーブゲーム。強力なサービスと、サービスで主導権を取ってのフォワが強烈である。バックはそれなりであるが、繋ぎは悪くない。トンプソンサーブの第4ゲーム、甘く入った球のフォワのウイナーが炸裂して1ブレイクアップ。その後は、トンプソンがサーブキープに苦しむゲームもあったが互いにキープで進む。第10ゲーム内田のSFS。30-30。試合を分けるポイントは、見応えたっぷりの長いラリーになるが、ポイントはトンプソン。トンプソンはブレイクポイントをものにして4-4と同点になる。これで流れは変わります。タイブレークは早い段階でトンプソンがミニブレーク。内田も必死についていったが、後一歩足りずに1セットを落とした。
第2セットはトンプソンが圧倒。ファーストが入ればまだ勝負になるのだが、セカンドでのポイント獲得率が19%。トンプソンのセカンドは5/5。第1セットと違いすなわちラリーではほぼ圧倒されている。

男子QF:添田豪ーエリス

エリス 6-3 5-7 7-5 添田豪[3]

1S 1 2 3 4 5 6 7 8 9
添田 K K K
エリス K K K B K K
2S 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
添田 K K K K K K B
エリス K K K K K
3S 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
添田 K K K K K
エリス K K K K K B K

ネット中継で少し見た伊藤戦で粘り強いなと思ったが、エリスは今日も粘り強い。コートカバーリングがという点ではなくて、大事なポイントでのプレーがいい。少なくともエリスは674位の選手には思えない。デミノーや、ポピリンなどと同じ99年生まれのオーストラリア人。674位なので、ITFやチャレンジャーでここまで目立った成績はないが、京都では予選から上がって、本戦で高橋・伊藤・添田と150位から250位に位置する日本人選手三人を下してきた。

男子シングルスはまだもう1試合あるが、見ると帰る時間が微妙なので、3試合にて帰宅。今年は特に楽しめました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク