清水vs田島、佐藤南vs内島。今年のジュニアNo.1を決める一日。全日本ジュニア最終日

全日本ジュニアは今日が最終日。18歳以下の単複決勝が行われます。奥のコートは一般利用に戻っており、熱い夏の戦いはまもなくを終わりを迎えようとしています。

男子F:清水悠太(西宮甲英高)ー田島尚輝(TEAM YONEZAWA)

清水悠太[1WC] 6-1 6-2 田島尚輝[2WC]

最終日のメインカードは、男子18歳以下シングルス決勝。順当といえば順当ですが、清水と田島という楽しみなカードになりました。
独特の緊張感のなか始まった試合ですが、なんかあっという間に終わったなという決勝でした。確かに清水はよく動けていたしラリーも良かったが、一方でそう田島のプレーも悪くなかったと思うが結果はこうなった。

女子F:宮本(ローズヒルTC)・内藤(TEAM YONEZAWA)ー本玉(日出高)・永田(南山女子高)

宮本内藤[1WC] 7-5 6-4 本玉永田[2WC]

現在のジュニアランキング上位が揃ったコート1のダブルス決勝。数ゲーム見て戻ってくるつもりでコート1へダブルスを見に行ったが、試合は面白くて優勝の瞬間まで見ていた。
宮本内藤組はこれで18歳以下ダブルスを二連覇。ジュニア最終年度ではないので、三連覇も可能である。もちろん、二人共目指すところはもっと先だろうけど。

女子F:内島萌夏(昭和の森ジュニアTS)ー佐藤南帆(有明ジュニアTA)

内島萌夏 6-1 7-5 佐藤南帆[4WC]

今年も引き続きWCが7人(本玉,坂田,宮本,内藤,佐藤南,永田,佐藤久)という激戦の女子18歳以下シングルス。
ボトムハーフは宮本・内藤に永田・輿石と有力選手が色々いる中、ボトムハーフを勝ち残ったのは意外にも内島。同世代が出ている16歳以下なら上位シードの優勝候補の一人だろうが、18歳以下の方でノーシードから上がってくるとは思わなかった。

ダブルスを見終えてセンターコートに戻ってきた時は、佐藤の第二セットSFSだったので、第3セットまでいくかなと思っていたが、内島がブレイクしてキープしてブレイクしてあっとういまに終わった。見れた最後の三ゲーム、佐藤は全く動けていなかった。

スポンサードリンク

スポンサードリンク