仰星の大逆転優勝。ラグビー大阪府高校総体最終日

ここ数年の高校総体最終日は花園でしたが、今年は鶴見緑地です。鶴見緑地ですし、大人は入場料を取っても良さそうなカードですが無料です。
今日は7位決定戦から合計で四試合ありますが、暑いので途中からの観戦。ちょうど、五位決定戦の産大と同志社香里の一戦が終わりそうな時間でした。
お客さんは1,000人ぐらいは入っていたのではないでしょうか。

三位決定戦:常翔学園高校ー大阪朝鮮高級学校

常翔学園 52-7 大阪朝高

名前は分からないですが、常翔のWTB11番の走力。FL6番の強さが目立った試合です。スコアは常翔の圧勝でしたが、朝高は前半早い時間帯の流れが来そうなところでのミスがなければ試合は大きく変わっていたかもしれません。

決勝戦:東海大仰星高校ー大阪桐蔭高校

東海大仰星 33-29 大阪桐蔭

試合は桐蔭ペースで、残り10分少々で仰星は3トライが必要が点差。ぼちぼち帰る人が出てくる展開です。
1トライ返した後の攻撃で、仰星は早々とペナルティでボールを失いかなり厳しい局面になったが、ボールを奪い返し仰星らしい回しでゲイン。ほぼトライ確実な所で桐蔭にハイタックルがあり認定トライ。もう1トライ必要だが時計は30分を過ぎていた。何度か止まっていた時間があったので笛はならずもう1プレイ。自陣からのドキドキするようなボール回しが続くが、仰星のバックスが抜けだした。ほぼトライは確実だろうと思った瞬間、歓声と共にスタンドの空気が大きく変わった。強い冷たい風がどこからとなく吹き荒れた。凄い逆転劇でした。

スポンサードリンク

スポンサードリンク