MNPなら月27円で持てる、auのGRATINAを購入しました。

ここ二年間ほどdocomoに乗り換えていましたが、ファミ割MAX50の解約金がかからない今月に、またauに戻ってきました。もはやキャリアメールは使わない物になったことで、携帯会社を変えるスイッチングコストはほとんどないので、そうなると二年毎にMNPするのが一番お得ということになります。
MNPするユーザーに対する優遇策が変わらなければ、また二年後にはDocomoにMNPする予定です。

auのフィーチャーフォンのラインナップは数機種しかなく、その中でMNPで機種0円で販売しているのはGRATINAしかないので、必然的にGRATINAということになります。機種は0円ですが、本来は機種代金の割賦の相殺の思惑が強い毎月割が24ヶ月間に渡って続くので、毎月の基本料金が735円値引きされます。

月額料金

Eメール使用の場合

  • プランEシンプル ¥780
  • EZWIN ¥315
  • 毎月割 -¥735
  • WEB de 請求書 -¥21
  • ユニバーサル手数料 ¥3
  • ----–
  • 合計 ¥342

昨年の12月末までは、毎月割の額が¥1,050だっため、Eメール利用でも月に¥100以下で運用することができましたが、¥735円に減額されたのでEメールを利用するEZ WINを契約する場合は¥342になります。
プランEシンプルは、Eメールのパケット料が無料なので、EzWebと通話料が¥342に加算されます。

通話とSMSだけにする

  • プランEシンプル ¥780
  • 毎月割 -¥735
  • WEB de 請求書 -¥21
  • ユニバーサル手数料 ¥3
  • ----–
  • 合計 ¥27

使わないキャリアメールとEZWEBのために月に¥315も払うのはもったいない、通話できればいいという場合はEZWINの契約も取ってしまうと月額は¥27になります。プランEシンプルに加入していれば、毎月割の加入条件は満たされるので、EZWINを解約したところで毎月割がなくなるということはありません。プランEシンプル以外の基本プランに入っている場合は、何らかのパケット定額サービスと契約する必要あります。

MNPの各種手数料とキャッシュバック

転出手数料(docomo) ¥2,150
契約事務手数料(au) ¥3,150
機種 ¥0
合計 ¥5,300

¥5,300ほど手数料がかかっていますが、今回購入したイオンの携帯売り場では一台につき5000waonのキャッシュバックキャンペーンをしていたので、殆ど相殺された形になります。機種0円の変わりに、安心ケータイサポートプラスという不必要なサービスに入った一ヶ月分¥399も加算すると、¥699がMNPするに当たってかかった費用になります。24ヶ月で償却すると月に¥30円近くなので、携帯維持は基本料金と合わせても月¥100円にもならないということになります。

近所の携帯ショップを複数回ったところ、GRATINAは全てのお店でMNPなら機種0円です。実質ではなくて実費です。キャッシュバックはないお店が半分で、半分のお店では自社ポイント5000円分でした。インターネットを見ると、キャッシュバック20000円とかもあるらしいですが、近所で10000円は見当たりませんでした。

GRATINAの操作感

通話とSMSしか使っていないので、なんとも言えないですが、操作感は悪くはないです。前のシャープの機種が機能を詰め込みすぎて非常に使いづらかったので、シンプルにまとまっていて好感触です。フィーチャーフォンにあれこれ求める人はいないと思うので、これくらいが十分だと思います。カメラとワンセグチューナーも個人的にはいらないです。2年間携帯電話が壊れないのが一番なので、防水・防塵が一番嬉しい機能です。

スポンサーリンク