ゴールドウィンファミリーセール2013秋

ノースフェイス,チャンピオンやエレッセなどを扱うゴールドウィンのファミリーセール。2013秋です。

前回夏の開催時に、初めてメール会員向けの金曜日のプレセミナーに参加してみると、商品の豊富さで日程の都合がつくなら金曜日ベストだと感じました。ファミリーセールの日程は、事前に予想がつくので、今回も都合を合わせて金曜日のプレセミナーに参戦してきました。

ファミリーセールの行列

前回までは金曜日の開場は17時でしたが、今回は2時間ほど前倒しになり15時の開場へと変更になっていました。お馴染みのマイドームおおさかに到着したのは、開場20分前の14時40分過ぎ。2Fの会場前には、1,000人近い行列が常に出来ておりました。自分が並び始めた後、行列の最後尾がピタリと止まったので不思議だなと感じていたら、1Fに大きな行列が出来ていたようです。開場の15時には非常に多くの人が開場待ちをしていました。大阪の金曜日でこの人出ですので、東京は凄い人でしょうか。

QRコードもしくはバーコードを一台の機械に当てて入場するので、はがきを渡す入場に比べると、入場に時間を費やすので、20分ほどしてようやく会場内に入ることが出来ました。あまり即座に入場できると、早い時間に来るインセンティブが有りませんが、これだけ入場に時間がかかるとなると、次回辺りは1時間ぐらい前から並ぼうかと思っています。

会場の案内図。これまでと特に違いはありません。SCOTTとゴールドウィンの契約が切れたので、今回でSCOTTの販売が最後になるようです。

今回の戦利品

小物のみ6点ほどを購入。

IceBreaker Coronet Gloves(サンプル品) ¥1,500

ゴールドウィンが何年か前から取り扱っているウール専業メーカーのアイスブレーカー。この夏からゴールドウィンの関与が積極的になっているようにプレスリリースから見受けられているので、その流れか今回初めてファミリーセールで、アウトレット品(海外仕様)やサンプル品が登場しています。

ファミリーセールでの販売が有るとは知らないため、2ヶ月ほど前に、アマゾンから秋冬・厳冬期用のアンダーウェアを購入しているので、狙いは小物です。アンダーウェアの値段が、アマゾンでの購入価格と同じぐらいだったため、送料+αだけ損をしているので少しばかりショックでした。

今回購入したCoronet Glovesというグローブは、ゴールドウィンのサイトには記載していないので、サンプル品を作ったものの販売してない商品です。USでは、30ドルで販売している商品です。320というヘビーウェイトのメリノウール100%なので見た目より遥かに温かい手袋です。USサイトでは、この商品はタウン用との記載になっています。アウトドア用になっている製品は、200もしくは260のメリノウールを利用して、ほんの少しだけポリウレタンを入れた製品になっています。こちらは日本で販売しているので、一度現物をお店で見て違いを知りたいと思っています。

山に加えて普段用に、アウターの胸ポケットに入るサイズながらある程度の保温力というものを探していたので、一番マッチした商品が見つかったと思います。メリノ100%なので、耐久性にはやや難が有るようには思えますけど。山でも、単体使用、そしてオーバー手袋や保温力の高い手袋と併用して使うつもりです。70gと軽く収納スペースも取らないので、夏の低山以外で重宝しそうです。

MXP 7部丈パンツ ¥1,985→¥500

前回の夏のファミリーセールで購入した、薄手のMXP 7部丈パンツが夏の散歩着+買い物着、部屋着、縦走の際に下山ウェアとして大活躍。さすがに11月下旬となれば、部屋着としても薄手のパンツは寒いので、秋から春用として少し厚手のこれを二着購入。肌触りは良く、ストレッチ性もあるので気に入っているウェアです。ほぼ一日中着ています。

MXP ロングパンツ ¥2,415→¥1,155

アンダーウェア下を2着欲しいと考えており、当初は、ノースフェイスかヘリーハンセンで1着、MXPで1着と考えていたが、ノースフェイスやヘリーハンセンは、MXPが3着から4着買える値段。登山で使うわけではないので、値段重視でMXPを2着購入。

X-SOCKS スノーボーディング ¥3,990→¥500

割引率につられて購入。トレッキング用ソックスは、¥1,400円(元値は¥3,780)だったので、スノーボードはしないけどスノーボード用を購入。4000円と非常に高価な靴下だが、そこまでの価値がある靴下なのかは普通に履く分には良くわからない。スノーボードをする人には分かるのかもしれない。膝まで伸びる長い靴下で、保温性も高いので、冬の防寒用として500円は悪くないかなと思う。

スポンサーリンク