紅葉の千畳敷カールへ下山

第一話:ロープウェイを降りると、そこには絶景があった。秋、千畳敷カールの紅葉。
第二話:紅葉の千畳敷カールから木曽駒ケ岳頂上山荘テント場へ。
第三話:木曽駒ケ岳山頂の朝。ただ山々を見つめる。
第四話:紅葉満開の中ア稜線と濃ヶ池でのんびりと過ごす時間

からの続きです。

●●●

宝剣山荘の前で昼食を取り、千畳敷へと下山する。徐々に千畳敷カールが視界に入っていくが、昨日より美しいように思える。紅葉は一日でこんなに変化するのかというのを実感する。日帰りで木曽駒に登った人の話だと、千畳敷は朝よりも綺麗らしい。

●●●

帰りは剣ケ池を経由しない遊歩道で千畳敷駅へと向かった。ロープウェイの混雑が始まる前に、千畳敷を後にした。帰りも待ち時間なしである。

●●●

早太郎温泉 こまくさの湯。温泉に入った後、食堂でミニソースカツ丼セットを頂く。
ここで、先ほど稜線で出会った女性二人組と再開。缶ビールを少し頂いて乾杯をしました。ごちそうさまでした。

こまくさの湯から菅の台バスセンターまでは歩いて数分の距離。バスセンターに隣接するJAの施設でお土産を購入して、名鉄バスセンター行きのバスに乗車。行きと違い、帰りは混雑している。途中、恵那峡SAでは伊那と大阪を結ぶ伊那バスが隣に並んだ。あちらも混雑している様子だ。駒ヶ根ICから京都深草までバス一本で行けるのは、楽で早いのだが、名古屋を往復したほうが運賃が安いので大阪行きではなく、帰りも名鉄バスを選択している。

名古屋からは近鉄線で帰宅。鈍行でもまだ帰れる時間だが、あまり遅くなるのは色々とマズイので、帰りは大和西大寺まで特急を利用した。低山や街の紅葉はまだこれからだが、さてと来年の紅葉はどこに行こうかともう考え始めた。いい山でした。終わり。

2013/10/2(Wed)

  • 新田辺-大和八木-伊勢中川-近鉄名古屋 近鉄線
  • ネットカフェマンボー名駅本店(泊)

2013/10/3(Thu)

  • 名鉄バスセンター7:30-菅の台10:02 名鉄バス
  • 菅の台10:15-10:45しらび平11:09-11:16千畳敷 中央アルプス観光
  • 千畳敷11:35-13:10宝剣山荘13:20-13:50頂上山荘TS15:05-15:30木曽駒ケ岳15:40-16:00頂上山荘TS
  • 木曽駒ケ岳頂上山荘テント場(泊)

2013/10/4(Fri)

  • 頂上山荘TS4:45-5:10木曽駒ケ岳6:05-6:20頂上山荘TS
  • 頂上山荘TS7:45-9:30濃ヶ池9:40-10:30駒飼ノ池10:45-11:25乗越浄土11:50-12:55千畳敷
  • 千畳敷13:30-13:37しらび平13:50-14:22菅の台 中央アルプス観光
  • 菅の台16:40-名鉄バスセンター19:25 名鉄バス
  • 近鉄名古屋20:00-21:37大和八木21:52-22:08大和西大寺-新田辺 近鉄線(名古屋-大和西大寺:特急)

スポンサードリンク

スポンサードリンク