ロープウェイを降りると、そこには絶景があった。秋、千畳敷カールの紅葉。

2013秋の千畳敷カール。

短くも賑わった夏は終わりを迎え、もう冬はそこまで迫ってきている。9月下旬から10月上旬にかけて、標高2600mのここ千畳敷カールは、本州の先陣を切る形で紅葉は見頃を迎える。山の秋は思いのほか短い。

ロープウェイの始発点しらび平も標高1600mだが、この辺りの木々の色づきはまだ始まっていない。秒速7mの速さのロープウェイで、標高を少しずつ上げていくとロープウェイはガスの中に入っていった。次の瞬間、満員のロープウェイから歓声がわいた。ガスが抜けると、視界の先には絶景の紅葉があった。
到着した、千畳敷駅の温度計を見ると、気温は10℃。寒い。ザックの中から服を一枚を取り出し、千畳敷の遊歩道へと向かった。

●●●

恵那峡SAに停車中の箕輪行き名鉄バス。

前日の夜遅く、大阪から近鉄の鈍行列車を乗り継ぎ、名古屋駅に降り立った。駅西口のネットカフェで一泊し、翌日、名鉄バスセンターを7時30分に出発する高速バスに乗り込んだ。
紅葉の時期だけあり、名鉄バスセンターでは、登山客を多く見かけた。大半は松本もしくは富山行きに乗車したのか、このバスに乗車した登山客は、自分と外国人登山者の僅か二人だった。彼とは、途中、宝剣山荘で再開した。

名鉄バスセンターと箕輪を結ぶバスは、下りの朝の一便、上りの夕方の二便に限って菅の台バスセンターに立ち寄る。今回乗車したバスが、菅の台に立ち寄る唯一の下りのバスになる。
(それ以外のバスの場合は、駒ヶ根インターで下車して、女体入口より中央アルプス観光のバスに乗車する。)

紅葉時の千畳敷の混雑に戦々恐々で有ったが、菅の台バスセンターで下車するとバス待ちの人は数十人と少ない。バスは大丈夫でもロープウェイは一時間ぐらいかもと、隣の人と心配をしていたが、しらび平についてみるとどこにも行列は見当たらない。15分ほど待つと、臨時のロープウェイに乗車でき、千畳敷へと向かった。最盛期でも、平日ならこんなもんである。

●●●

降り立った千畳敷は、再びガスで視界不良である。

宝剣岳も雲の中である。

●●●

登山届を提出した後、剣ケ池経由で宝剣山荘を目指し、歩き始めると徐々に視界が開けてきた。

●●●

剣ケ池から、宝剣岳。

右側のナナカマドは早い時期の霜でやられてしまっている。しかしながら、左側のダケカンバと生き残ったナナカマドは美しい。

剣ケ池に映る、逆さ千畳敷ステーション。

●●●

千畳敷の遊歩道から少し入った場所(行き止まりの登山道)にある岩の上から見た千畳敷の紅葉が一番綺麗。遊歩道からの一歩が、少し降りづらいのもあり訪れる人は少ないが、ここが絶景である。

●●●

再び空が暗くなってきた。さて、そろそろ千畳敷を後にして、テント場を目指す時間である。写真の中央の部分を登っていく。

続く:紅葉の千畳敷カールから木曽駒ケ岳頂上山荘テント場へ。