【手袋】ノースフェイス ロングシェルグローブを購入しました。

ゴールドウィンファミリーセールで購入した手袋です。

夏は小物の一つにすぎない手袋ですが、積雪期においては登山計画の成功の有無に関わる重要な装備の一つへと変化します。手袋と一概にいっても、オーバー手袋・インナー手袋・一体型などいう様々な種類、5本指・ミトンといった指の出し方の違い、皮・ウール・フリースなどの素材の違いと非常に色々なものがあります。どのアウトドアメーカーも非常に多岐なラインナップを取っているために、非常に悩ましい装備の一つです。

オーバー手袋

このロングシェルグローブは、オーバーグローブというジャンルに属します。手袋自体は薄く、一枚では暖かくはありません。あくまで、フリースやウールなどの保温力のある手袋を中に入れるのを前提に設計されています。状況に応じて、中の手袋を入れ替えることになります。このような用途ですので、素手の上につければ非常に大きく感じる手袋です。
ファミリーセールでも、この種の手袋に馴染みのない人は、不思議そうに見ていました。

大きさ

手に付けると、こんな感じです。手袋の手首の部分は、広めに設計されてあるので、手袋の装着の際は非常に楽です。片手でも操作できるドローコードで手首の部分は締めたり緩めたりします。

手のひら

手のひらは、凍り辛い人工皮革が使われています。操作感ですが、適当な手袋をインナーにしてカメラを操作していみましたが、細かいボタンの操作など問題なく行えました。オーバーグローブを使ってのアイゼン・わかんの装着の練習も、そのうちやらないといけませんね。

落下・紛失対策

オーバーグローブを落下や紛失するのは、絶対に避けないといけない事柄なので、その対策としてリーシュがついています。
個人的にはリーシュを付けるなら、ドローコードで調整して手首に装着させた方が落下しないと思うんですけど、どうなんでしょうか。

バックパック内の紛失防止

バックパックから手袋を取り出す際に、あたふたしないように、二つの手袋を離れ離れにならない工夫もなされています。

手首の部分に取手

テント内などで、手袋を引っ掛ける時に便利な取手がついています。(分かりやすいように、カラビナでバックパックにつけていますが、こうゆう使い方は、普通はしないと思いますので。。)

透湿性

表地は、GORE-TEX®FABRICSが使われています。

商品データ

メーカー The North Face
商品名 LONG SHELL GLOVE
重量 100g(両手)
公式サイト ロングシェルグローブ(ユニセックス

【楽天優勝セール】ノースフェイス NN61206 LONG SHELL GLOVE ロングシェルグローブ(ユニセックス)【Mens】【Ladies】

価格:
7,980円

(2013/09/29 15:13時点 )

スポンサーリンク